低体温が不妊の大きな原因に!

低体温が妊娠しずらくさせている!

低体温と不妊

 

低体温って知っていますか?

 

低体温は冷え性に比べ、自覚症状がない人が多いのが特徴です。

 

低体温 低体温とは

 

理想的な基礎体温とは36.5度前後です。
しかし、低体温の人は基礎体温がだいたい35.5度以下と、普通の人に比べ
かなり低めなんです。

 

そして低体温の人は酵素の働きが低下するため新陳代謝が悪く
痩せにくく太りやすいという体質があります。

 

免疫力も低下するため風邪や感染症にかかりやすかったり頭痛、肩こり
肌荒れなど身体に様々な悪影響を及ぼします。

 

このように低体温は私たちが自覚症状を持たないまま、知らず知らずのうちに
身体にダメージを与えられてしまうのです。

 

 

低体温が不妊に及ぼす影響とは?

 

もちろん、低体温ということで身体も冷えきっている状態なので不妊にも
大きな影響を及ぼします。

 

身体が冷えると血液は命に大切な心臓や内臓に集中して送り込まれるため
妊娠するために大切な子宮や卵巣などの生殖機能への血液が不足してしまうんです。

 

また、妊娠するために必要な女性ホルモンも血液に乗って運ばれてくるため
血液循環が悪いとホルモンの分泌にも悪影響が出てしまいます。

 

これにより卵巣では質のよい卵子が作れなくなり、排卵を促すホルモンの伝達も
伝わらなくなるため排卵障害(多嚢胞性卵巣、月経不順、卵巣機能低下など)を
引き起こしやすくなるのです。

 

それだけではなく、身体の体温が下がると卵管も収縮してしまうため
子宮内膜症や子宮筋腫にもつながる恐れがあります。

 

低体温と不妊 

 

低体温は不妊にかなり大きな影響を与えることを理解していただけたでしょうか。

 

基礎体温が35.5度以下の方は、低体温の可能性が高いので
すぐに改善させる対策をしましょう!

 

 

低体温になる原因とは?

 

そもそもなぜ低体温になるのでしょうか?

 

低体温を引き起こす主な原因は生活習慣にあるようです。

 

例えば、食生活の乱れ、ストレス、過度のダイエット、運動不足などが
影響していると考えられます。

 

 

現代ではおいしい食事がいつでも食べられる環境なだけに栄養バランスを
考えず、好きなものだけを食べる人も多くいるようです。 

 

そしてダイエットだと言って食事をあまり摂らない人もいますが
偏食したりバランスよく栄養を摂らないと身体はどんどん冷え切っていきますよ。

 

運動不足やストレスをためることも低体温の原因になってしまいますので
休みはリフレッシュしたり、軽くウォーキングをしてみたりと
少しでもストレスを軽減させていきましょう!

 

 

<こちらの記事も参考にしてください>