ストレスが冷え性の原因に!?

ストレスが冷え性の原因に!?

ストレスが冷え性の原因

 

人は自律神経によって一定の体温を保っていますので、ストレスなどで
心が乱れると自律神経にも影響して体温調節ができなくなってしまうんです。

 

自律神経が乱れ、体温調節がうまくできなくなると身体は冷えを起こし
低体温になってしまうこともあります。

 

自律神経は妊娠とも深い関係があるので、ストレスが原因で不妊に繋がってしまう
ケースもあります。

 

 

そうは言っても多かれ少なかれストレスは誰にだってありまよね。

 

働きすぎや職場や家庭での人間関係、そして不妊で悩んでいる方は
赤ちゃんができないということにすでにストレスを感じているのではないでしょうか?

 

少しのストレスなら誰でもあることですが、過度のストレスは様々は病気を
引き起こす危険性だってあるんです。

 

例えば、自律神経失調症、円形脱毛症、胃潰瘍、ノイローゼ、ガンなどは
ストレスが原因で自律神経が乱れることが原因とも言われています。

 

ストレスが冷え性の原因に!? 

 

 

ストレスが引き起こす不妊の悪循環

 

 

過度なストレスは血流の乱れも引き起こしてしまうことに!

 

ストレスで血液の流れが乱れると、新鮮な酸素や栄養素がを十分に
送られなくなってしまうため代謝が低下し身体が冷えていきます。

 

すると、子宮や卵巣の機能も低下したり、生理や排卵が不規則になったり
基礎体温が乱れたりと、妊娠に様々な影響を与えるためストレスを感じることが
不妊にも深く関係していることがわかります。

 

なかなか赤ちゃんができないことでストレスを感じていることが冷えを促進させ、
さらに妊娠しずらい身体にしているこという悪循環を引き起こしているというわけなんです。

 

不妊で悩む方は、治療がうまくいかないことのイライラや不安感などで
完全にストレスをなくすことはできないですよね。

 

しかし、「このストレスが余計に妊娠できない原因になっているかも」と考えて
少しは気持ちを落ち着かせ、ストレスを軽減させる努力も必要となってきます。

 

ストレスが冷え性の原因に!? 

 

また、冷えた環境がストレスを引き起こすこともあります。

 

「ストレスが冷えを招く」とは逆に「冷えがストレスを招く」ということですね。

 

身体が冷えた状態だと、交感神経を緊張させストレスを感じるようになります。

 

これらのことからストレスを解消させるポイントは、身体を温めて冷えから身体を守ることなんです。

 

 

なかなか妊娠できなかったり不妊治療に通われている方は、うまくいかないことへのストレスや
不安を感じやすいですが、「赤ちゃんが授かる=ストレスを解消させる」ということを
頭に入れ、ストレスを軽減させる努力をすることも大切ですね。

 

 

<こちらの記事も一緒に読まれています>
間違いだらけの冷え性対策
冷えや不妊に効くお灸を自宅でやろう!