妊娠すると冷え性の人が増える理由

妊娠すると冷え性の人が増える理由とは?

妊娠中の冷え性

 

妊娠前に冷え性で悩む女性はとても多いですが、実は妊娠前よりも
妊娠中の方が冷え性になりやすい傾向にあります。

 

今まで冷え性じゃなかった人も妊娠したら冷え性になってしまったり
元々冷え性体質の方は妊娠したことでさらに悪化してしまうケースもあるんです。

 

一体何故妊娠すると冷え性になりやすくなってしまうのでしょうか?

 

ここでは妊婦さんが冷え性になりやすい2つのポイントをご紹介していきます。

 

 

姿勢の変化によって冷え性になりやすくなる

 

妊娠中の冷え性 

 

妊娠するとお腹がどんどん大きくなり前に突き出てきます。

 

すると、多くの妊婦さんはお腹を突き出すような姿勢で上半身を後ろに反らせて
歩くようになりますよね。

 

実際に多くの妊婦さんがそのように歩いている姿をよく見かけます。

 

これは、背筋は伸びているのに腰は曲がっている状態で、かなり腰に負担をかけている
姿勢となっているんです。

 

そのため腰の歪みや骨盤を支えている筋肉を硬直させてしまう恐れがあります。
 
腰が歪んだり筋肉を硬直させることは、その周りにある血管を圧迫してしまい
血液の流れを悪くしてしまいます。

 

すると十分に血液が行き渡らなくなり、腰やお腹周りが冷えてしまうというわけです。

 

 

さらに姿勢が悪い状態が続くと身体全体のバランスも悪くなってしまいますよね。

 

身体のバランスが崩れることで血行が悪くなり、手足などの部位やその他の臓器も
冷やしてしまい、結果的に身体全体が冷えてしまうという状況に陥ってしまうのです。

 

 

ホルモンバランスの乱れによって冷え性になりやすくなる

 

 妊娠すると女性ホルモンのバランスが乱れます。

 

そして自律神経は冷え性と深い関係があります。

 

女性ホルモンのバランスが崩れ自律神経が乱れることにより、
体温調節がうまく行われなくなってしまうのです。

 

体調調節ができなくなるとどうなってしまうのか・・・

 

身体を温めることができなくなり身体が冷えやすくなってしまいます。

 

 

 

妊娠中に身体を冷やすことでの母体と赤ちゃんの影響

 

妊娠中の冷え性 

 

妊娠中に身体を冷やしてしまうことは、母体だけではなくお腹の中の赤ちゃんにも
影響が出てしまうんです。

 

こちらのページに詳しくまとめましたので興味のある方はどうぞ。
冷えを放っておくことでの赤ちゃんへの影響とは?

 

 

妊娠中は妊娠前より冷え性になりやすいということを理解して頂けましたか?

 

妊娠したから安心というわけではなく、妊娠してからも冷え性対策は欠かせないという
ことですね!

 

妊娠してから焦って冷え性対策を行うよりも、妊娠前からしっかりと冷え性を改善させる
努力をして、妊娠しやすい身体作り、また妊娠後も冷えない身体作りを今からして
いきましょう!

 

 

<こちらの記事も一緒に読まれています>
冷えを改善させることでの妊娠の効果とは?
冷えによる高齢妊娠のダメージ