漢方薬は不妊の冷え性に効果ある?

漢方薬は不妊の冷え性に効果ある?

漢方薬は不妊の冷え性に効果ある?

 

東洋医学では不妊の主な原因は冷え性とも言われているようです。

 

そして漢方薬は不妊にも効果があると言います。

 

なぜなら、漢方薬はホルモンバランスを整えたり体調を整える作用があるからです。

 

ホルモンバランスを整えることで冷え性を改善させることもできるので
結果的に妊娠しやすい身体を作ることができるというわけです。

 

また、排卵障害のある方は排卵が起きやすくなるなどの効果も見られるそうですよ。

 

ここでは不妊の方の冷え性改善における漢方薬の効果などをご紹介していきます。

 

 

不妊治療で多く使用される漢方薬

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

不妊症によく使われる漢方薬で排卵誘発作用がある。
また、黄体ホルモンの分泌を促し排卵や着床を助ける効果もあり。

 

 

温経湯(うんけいとう)

不妊症によく使われる漢方薬で排卵誘発作用がある。
冷え性、月経不順、月経困難症にも効果あり。

 

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

不妊症によく使われる漢方薬で排卵湯発作用がある。
また、子宮内膜を整えたり卵胞の発育を促進する効果もあり。
月経不順、流産などによって起こる神経症状、肩こりや疲れやすい、精神的不安を抱える女性の
更年期障害にも有効。

 

 

桂枝茯苓丸(ケイシプクリュウガン)

不妊治療によく使われる漢方薬で排卵誘発作用がある。
また、黄体ホルモン分泌を促進する効果もある。
子宮内膜症、月経不順、月経困難症、卵管炎、卵巣炎、また腹部に圧迫があるような
子宮などの炎症にも有効。

 

 

 

男性不妊に主に使用される漢方薬

 

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

男性不妊によく使われる漢方薬で精子の運動率を上げると言われている。
乏精子症にも有効。

 

 

八味地黄丸(ハチミジオウガン)

男性不妊によく使われる漢方薬で精子の運動率を上げると言われている。
精子無力症にも有効。

 

 

漢方薬の副作用

 

漢方薬は全ての不妊の方に有効というのではなく、卵管閉塞や子宮後屈などの
形の異常がある方には無効です。

 

また、漢方薬は安全と思っている方も多いと思いますが、副作用もあるということを
しっかり理解しましょう。

 

もし服用中に発疹、かゆみ、消化器症状などの副作用が出現したら、すぐに医師に相談することです。

 

漢方薬は薬なので、きちんと医師の指導の元で服用してくださいね。

 

漢方薬で冷え性改善 

 

漢方薬は自然に妊娠できる身体作りのお手伝い

 

漢方薬は自然に妊娠できる身体作りを目的としているものです。

 

なので、服用したからといってすぐに効果がでるわけではなく、少なくとも半年〜1年くらいかけて
少しずつ身体が変わっていくという感じです。

 

すぐに効果を出したいという方には不向きで、じっくりと時間をかけて体質改善させたいという方に
向いています。

 

漢方薬の使用は医師によっても考えが違うようなので、一度かかりつけの医師に
相談してみるといいですよ。

 

 

<こちらの記事も一緒に読まれています>
不妊・冷えに効果のあるお灸を自宅でやる方法
男性の冷え性と不妊の関係