冷え性の人が流産しやすい理由

冷え性の人は流産しやすいって本当なの!?

冷え性は流産しやすい?

 

流産とは22週未満までに赤ちゃんが育たなくなり、妊娠の継続が
できなくなることを言います。

 

流産の半数は染色体異常や先天性異常がある場合に起こり、
12週までに流産する場合が多いようです。

 

では、冷え症と流産は関係あるんでしょうか?

 

 

実は、冷え性の人が流産しやすいというのは本当なんです。

 

流産してしまう原因は染色体異常や先天性異常以外にも
黄体機能不全、子宮内膜機能不全、高プロラクチン血症、子宮の異常や
その他様々あります。

 

 

黄体機能と子宮内膜の大事な役割

 

黄体機能不全と子宮内膜不全は冷えとも深い関係があり
元は冷えが引き起こした症状とも言えるのです。

 

黄体機能不全

排卵が起こると卵巣から黄体ホルモンが分泌されるのですが、機能が低下していると
黄体ホルモンが十分に分泌されず、胎盤の形成ができなくなり胎児が育たなくなるため
流産しやすくなります。

 

 

子宮内膜機能不全

妊娠中の胎盤には子宮内膜があります。
しかし、子宮内膜の機能が低下すると、いくら黄体ホルモンが分泌されても
そのホルモンに反応することができないので胎盤が育たなく、結果的に
胎児が育たなくなり流産しやすくなります。

 

 

赤ちゃんをお腹の中で育てるための胎盤は黄体ホルモンの分泌
そのホルモンにより機能することができる子宮内膜があって
赤ちゃんを育てることができるのです。

 

この2つの機能は共に連携し、お腹の赤ちゃんを育てる大切な役割をしています。

 

なので、このうちのどちらかの機能が低下してしまうと、妊娠の継続ができなく流産してしまう
可能性が高くなるのです。

 

 

 

黄体機能不全、子宮内膜不全の原因は冷え

 

冷え性は流産しやすい? 

 

黄体機能不全や子宮内膜不全が起こる原因は子宮や卵巣の機能が低下
することにより起こります。

 

子宮や卵巣の機能が低下しているということは、
身体が冷えていて血行が悪くなっている場合や運動不足により
血行不良を起こしている可能性が高いといえます。

 

流産を未然に防ぐためには、身体を温め、ウォーキングなどの負担の軽い運動を
続けることで冷えていた身体は体質改善され、流産しにくい身体へと
変わっていきますよ。

 

関連記事⇒運動で冷え性対策

 

身体を温めるためには、食べ物に注意したり、入浴で温まったり、
冷暖房に頼り過ぎないように気をつけましょう。

 

また、服装にも気をつけハイヒールや薄着は血液の流れを悪くしてしまうので注意!

 

下半身を温め、靴下やレッグウォーマー、腹巻きなどを着用するものおすすめです。

 

私の冷えが改善された冷え取り靴下の体験談はこちら

 

 

このような生活習慣の乱れが冷えを促進させ、流産しやすい身体を
知らず知らずのうちに作っているのです。

 

お腹の中に宿ってくれた赤ちゃんを10ヶ月元気に育てるためにも、
しっかりと体質改善をしておきましょうね!

 

 

<こちらの記事も読まれています>
冷えによる高齢妊娠のダメージ
冷えを取り除けば自然妊娠は可能?