間違いだらけの冷え性対策

間違いだらけの冷え性対策

間違いだらけの冷え性対策

 

冷え性でお悩みの方は様々な方法で対策していますが、その方法は合っていますか?

 

間違った方法で改善させようとすると、余計に冷え性を悪化させる恐れが
ありますので注意が必要です。

 

ここではみなさんが家庭で良くやりがちな間違った対策をご紹介していきますね。

 

 

電気毛布を使って温める

間違いだらけの冷え性対策

 

冬に使う電気毛布はすぐに身体がポカポカになりとても温かいのですが電気毛布には
要注意です!

 

なぜなら、電気毛布からは「電磁波」「静電気」が発生しているからです。

 

この二つは血液をドロドロにしてしまうという特徴があります。

 

血液がドロドロになるということは、キレイで新鮮な血液が身体に行き渡らなくなってしまうということ。

 

これでは血行が悪くなってしまい、冷え性が改善されるどころか余計悪化させてしまいます。

 

電気毛布を使うなら、靴下やレッグウォーマー、腹巻きなどで身体を温めることを
おすすめします。

 

ただ、ここで注意してもらいたいのは身体を締め付けるようなきついものは身に着けないこと!

 

靴下や腹巻きも身体を締め付けるほどのきついものだと血行が悪くなってしまいますよ。

 

 

コーヒーを飲んで温める

間違いだらけの冷え性対策

 

身体が冷えていると温かい飲み物を飲もうと思い、ついついコーヒーを飲んでしまう人がいます。

 

しかしコーヒーは身体を温めるどころか逆に冷やしてしまう飲み物になるのでご注意!!

 

コーヒーを飲むなら身体を温める効果のある紅茶を飲みましょう。

 

また、緑茶も身体を冷やす飲み物になりますので、ほうじ茶などに変えて飲むといいですよ。

 

 

熱いお湯に入り身体を温める

間違いだらけの冷え性対策 

 

冷え性の方に入浴はとてもおすすめです。

 

シャワーだけで済ませずに、しっかりと湯船に入って身体を温めることが冷え性改善に繋がります。

 

しかし、熱いお湯に入ることはおすすめしませんよ!!

 

熱いお湯に入ると、のぼせやすくなって長時間入ってられませんよね。

 

短時間の入浴は身体の表面は温まっても身体の芯はまだ冷えたままです。

 

 

身体の芯まで温めるためには30分位は入ってないといけないので、ぬるめの温度設定にする
必要があります。

 

おすすめは、37℃〜40℃のお湯で半身浴をすること!

 

半身浴はみぞおちから下をつけるので水圧で心臓に負担がかかることなく、
リラックスしながら身体の芯まで温めることができますよ。

 

 

カイロを貼って温める

間違いだらけの冷え性対策
寒い冬になると、カイロを貼ることが欠かせないという女性も多いのではないでしょうか?

 

中には1日中貼りっぱなしという方もいるようですが、長時間のカイロの使用による
低温やけどにご注意を!

 

長時間カイロを貼り続けていると、皮膚がその温度に慣れてしまい熱さに鈍感になってしまいます。

 

そして低温やけどを引き起こすのです。

 

低温やけどは皮膚に長時間ダメージを与えている状態なので、深い部分の皮膚まで
破壊することもあるそうです。

 

 

また、よもぎ蒸し効果のあるナプキン型のカイロも要注意ですよ!

 

長時間使用すると、汗をかいて蒸れやすくなり細菌を増殖させ膣炎などの病気
引き起こす場合があるからです。

 

カイロの長時間の使用は避けましょうね!

 

 

<こちらの記事も一緒に読まれています>
食事で冷え性対策
入浴で冷え性対策