入浴で冷え性対策

入浴で冷え性対策

入浴で冷え性対策

 

冷え症を改善させるためには、身体の血行の流れを促進させることが何よりも大切です。

 

そして冷え症による不妊には、子宮、卵巣を温めることですが大事ですが、
その対策の1つとして入浴が効果的です。

 

入浴を行うことで身体が温まり、全身の血流の流れがよくなります。

 

中には入浴を嫌い、カラスの行水みたいに短時間で終わらせる方やシャワーだけでさっさと
済ませてしまう方もいますが、これでは子宮や卵巣は温まりませんね。

 

そして、寒い冬だけ湯船に入り、暑い夏はシャワーのみの女性も多くいますが
夏でもエアコンなどにより、知らず知らずのうちに身体は冷えているんです。

 

暑いからとシャワーだけで済まさないで、1年中通して入浴することが
冷え性改善に繋がりますよ。

 

 

赤ちゃんは子宮や卵巣が温かい状態の時にやってきやすいんです。

 

 

仕事で忙しくて夜遅くに帰ってきても、なるべく湯船に入ることをおすすめします。

 

その日の冷えはその日に温めることが大切だからです。

 

そこで、不妊症の方に特におすすめの入浴方法が半身浴です。

 

半身浴とは?

 

37℃〜40℃のお湯に胸から下だけを20?30分ほどゆっくりと浸かることで身体を
芯から温める入浴法です。

 

胸の下だけを浸かるので心臓や肺に負担をかけることがありません。

 

そして下半身だけを集中して温めるので妊娠するために大切な子宮や卵巣などの
血行が良くなるのが特徴です。

 

じんわりと汗をかいてくるので、入浴後もポカポカの身体が長く続きます。

 

 

 

 

「全身浴」と言って肩まで湯船につかる入浴法もありますが、全身浴は下半身よりも
上半身の方が先に温かくなり、のぼせてしまいがちです。

 

また心臓や肺にも負担がかかってしまうため、リラックスできないんです。

 

半身浴より全身浴の方が一見温まりそうに思えますが、全身浴はのぼせやすいので
身体の芯まで温まる前に入浴を終えてしまう方が多いんですね。

 

 

身体を芯まで温めるためには半身浴がおすすめ!

 

入浴で子宮や卵巣を温め、赤ちゃんを迎える準備をしていきましょう。

 

 

 半身浴をするときのポイント

 

  • 37℃〜40℃のお湯のお湯につかる(これ以上温度を上げるとリラックスできなくなる)
  • お湯につかるのはみぞおちから下がベスト
  • 肩が冷えたらタオルなどで方を覆う
  • 入浴時間は20分〜30分程でOK
  • 途中でお湯が冷めてきたら温め直すかお湯を足す

 

何も入れないさら湯のままだと肌を傷めてしまう恐れもあるので、
入浴剤をいれるとリラックス効果も促進できて効果的です。

 

また、ミカンの皮やレモンなどの柑橘類などもいれると保温効果が高まりおすすめです!

 

 

<こちらの記事も一緒に読まれています>
食事で冷え性対策
運動で冷え性対策
服装で冷え性対策